お嬢の肝臓 その③ ・・・検査

今、ここにお嬢はいません。

昨日の朝、検査の為に病院に行きました。

PCの横はお嬢のハウスがあるのですが、
主のいないハウスがポツ~ンと。

寂しいですね



全身麻酔での検査、お嬢の年齢、病気の事を考えると1泊しないと
ダメと言われました。

お嬢、13歳と11か月で「初めてのお泊り」です。

本当は昨日の夕方、検査結果を聞きに行く予定だったのですが、
病院から連絡があり、思ってた以上に悪かったと。

手術前提での検査だったのですが、今の状態では手術は難しいです。
詳しい話は明日(今日)するので今日は来なくていいです、と言われました。

CT検査の結果、肝臓だけでなく他の臓器にも悪いところがあるようです。

この先お嬢にとって何が一番いいのか先生とよく話合ってきます。

20150223_102123 - コピー

知らない病院でも笑顔でお利口さんなお嬢です



スポンサーサイト

ノンアル甘酒

お嬢、今日も元気に過ごしました。

お嬢、坊ちゃん地方、土曜日はとっても良いお天気だったのに今日は雨の日曜日。

なので、お写真は土曜日のものを。。。
(内容とは関係ないです)


アジ友さんから
「甘酒ってワンコにもいいんよ~」って教えてもらいました。

甘酒と言っても、酒粕から作られてる物ではなくて、
米麹から作られてる物です。

002_2015022222392675c.jpg

米麹から出来てるのでアルコール分無し、
その上、発酵する時自然の甘さが出るのでお砂糖不使用なのです。

成分はビタミンB1、B2、B6、 葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、ブドウ糖等々。
「飲む点滴」 と言われてるそうです。
肥満抑制、腸内環境の改善、皮膚や粘膜の保護、細胞の入れ替わりや修復を助けるらしいです。

004 - コピー

この話を聞いて、お嬢の膿にも良いんじゃないかと思い早速買って来て飲ませました。
(今では体中のアチコチに出来てしまいました)

飲ませたと言うよりも、フードに混ぜたんだけどね。

甘くて美味しかったのか何の抵抗もなく食べてくれました。

008 - コピー

免疫力UPにもつながれば肝臓の悪いヤツにも勝つんじゃないだろうか。。と
微かな期待なんかもしたり

飲み始めてまだ数日なんで変化は分からないけど、効果が出るといいな~。

024 - コピー


お嬢、明日は検査。
当日の血液検査やリスクの高さによっては中止になる事も。

検査出来ればいいな~と言う思いと、検査出来れば出来たでお泊りになるので
複雑です。


025 - コピー

坊ちゃん、トリミング4日目にしてこの汚さ。
ボーダーコリーだもんね、しょうがないか


これでどぉだ!

今日のお嬢。

朝、起きません。
外はすっかり明るくなってる時間なのに起きて来ない。
起こしに行ってもグダグダと。

20150220_070217_LLS.jpg

ワンコも人間と一緒で夜遅く寝ると、朝起きるのが辛いのか




さてさて、本題。

坊っちゃんのトレチャンDNA登録用の写真を以前撮って、
なんだかなぁ~な状態でほったらかしておりました。

そろそろ送らないといけないと思い、先日トリミングに行って綺麗に綺麗
フッサフサのモッフモフにしてもらって来ました。

バッチイ玄関前はチョット・・・という事で
いつものお散歩広場へ。

この日はパパさんがお休みだったのでカメラマン、パパさんです。

005 - コピー

どぉ?

こんな感じて撮ってたら
たまたまドックショウーに出てる知り合いの方にお会いし、
立ち姿を伝授してもらいました。

014 - コピー

どぉ?

坊ちゃん、6歳にして初めてショー用の立ち姿です
残念な事にこの日は風が強くて
お尻の毛が逆立って尻尾も中に入ってしまいました。

まっ、知り合いの方にとっては満足ではなかったようだけど、初めてだしね。



016 - コピー
以前、玄関前で撮った写真。

どれにしようかな~。


031 - コピー

お嬢もお付き合いです。

寒くてのんびり、ゆっくりとお散歩ってわけにはいかなかったけど、
気分転換になったかな。

027 - コピー




訴えかける

今日のお嬢。
たぶん元気。
相変わらず、朝ご飯食べません。
でも・・・パンは食べます

001 - コピー
 


                    



我が家、パパさんの仕事の関係で夜一緒にご飯を食べる事が滅多にありません。

たまに一緒に食べる時には

004 - コピー

パパさんの横にピタッと張り付いて訴えかけます。

食欲があるって事はいい事です。

坊っちゃんはというと。。。


001 - コピー

ハウスの中から念力送ってます

そして、こうしてジッと監視してないと、
パパさんがこっそりお嬢にだけあげちゃうから、目が離せないんです。

お嬢が何か貰うとその行動は素早く、
サッと出て来てお嬢の隣へ

最近、体力を付けさせるためにお嬢には食べたい物を適度に食べさせてます。

その度ごとに坊ちゃんもやって来ては

「僕チンのは?」 「僕チンもちょうだい」 「ねぇちゃんだけ?」

ってな感じで訴えかけるんですよね~。


だから、坊ちゃんおデブの道まっしぐら~~~~。



008 - コピー

久々にお嬢も修行



お嬢の肝臓 その②

お嬢の検査日が決まりました。

来週の月曜日です。

パパさんとよく話し合った結果、肝臓で有名(K病院)な先生にお願いする事になりました。

掛かりつけの先生も。。。

検査後(手術)の事までも考えるのならK病院の先生がいいでしょうね。
肝臓では右に出る者はいないでしょう。
スペシャリストですから。

と、快く言って下さいました。


掛かりつけの先生とK病院の先生が連絡を取り合ってお話をした結果、

血液検査の数値が高い事、高齢である事、癲癇持ちである事などから、
検査とは言え全身麻酔にはリスクが高いので、引き受けできないかも
と言われたそうです。

当日、細かな検査をした後
私達と話し合ってどうするか決める事になりそうです。



今日のお嬢。

実は。。。

002 - コピー

朝散歩の時からダルそうでいつものお散歩コース3分の2程歩いたくらいから
立ち止まってしまいました。

朝ご飯もいつものごとく半分ほどしか食べなくて、見るからに体調悪そうだったので、
急きょ病院へ。

血圧はまぁまぁ。
貧血 33 (正常値37-55)  前回37
GPT 1854 (正常値17-87)  前回2743
ALP  868 (正常値47-254) 前回1033

肝臓から少し出血しては止まり・・・を繰り返してるのかも、と。

お嬢の様子を見た先生が
本来なら皮下点滴をするのですが、皮下点滴は体の膿に悪影響があるかもしれません。
前回と同じく腕からの点滴ですると長時間になり、針も入れたままにしないといけません。
家に帰って物がたべれない、水も飲まないようなら夕方来て点滴しましょう、と。

家に帰って来たお嬢。

003_2015021614594604f.jpg

なんと、先生の心配をよそに
ご飯の催促

水も飲むし、ご飯も少しだけど食べた。
クレクレ攻撃も復活。

恐るべしお嬢の食欲
女子は強いね。


検査まで1週間。
体力付けとかないとね。


昨日の朝は元気に歩いてお散歩したんだけどなぁ~。

20150215_071114.jpg 20150215_071136.jpg




アジ競技会IN加古川

先週の土曜日、兵庫県は加古川市でアジ競技会でした。

河川敷での競技会なのにこの日は風もなく穏やかでアジ日和でした

この日は3度はなくアトラクション、1度、2度だけだったのでなんだか和やかな競技会でした。


競技会でしかお会いしないお友達と話に花が咲き

写真を全く撮ってませんでした

おまけに。。。。

JP、まさかのメモリー切れ。

004_201502101738198cc.jpg

パパさんの記憶が正しければこんな感じのコースでした。

坊ちゃん、4番のトンネル出た後、5番のトンネルを逆から入ってドボン

でも課題だったバー落下はなし
スタートもちょびっと、ホンのちょびっと待てました。


そしてAG

[広告] VPS


やはりタッチがね・・・。
今回のシーソー。
たくさんのワンコ達が跳ぶ跳ぶ
アルミ製のシーソー(いつもは木製)だったので軽いんだか重いんだかで、
見てる方が怖いくらい高い位置から跳ぶ跳ぶ。

そんなシーソー。
坊っちゃんが跳ばない訳ない

はい、期待通り跳んでくれました。
ついでにドックウォークまでも。

でも、でも、バー落下なかったんです。
JP、AG共にバーを落とさなかった事に母感激です

動画撮影中は気がつかなかったんだけど、
帰って見直してると、
近くで 「タッチ、タッチ」「そうそう、いいよ」「あぁ~~~」って声が入ってました。
坊っちゃんの事、応援してくれてた人がいたようです。

なんだか嬉しいな~


今回もCRは出来なかったけれど、バーを落とさなかった事に大満足でした。


今日の朝散歩の時のお嬢。
元気ですよ。

20150210_072158.jpg


お嬢の肝臓

今朝、お嬢の血液検査に行って来ました。

前回から一週間。
見た目、とっても元気です。
点滴や注射のおかげか食欲もモリモリです

元気だけどいつ出血するか分からないので安静です。
安静にさせたいけどお留守番は嫌がるので共に行動してます。。。



検査結果。

貧血(正常値37-55)  37 ・・・ 前回31
GPT(正常値17-78)  2743 ・・・ 前回1507
ALP(正常値47-254) 1033 ・・・ 前回1050

貧血の数値は何とか正常値内なので出血は治まってるだろうと。

しかし他の肝臓に関係してる数値は高いまま。

お嬢の肝臓の腫瘍には薬を増やしただけでは効果はないようです。


今日はパパさんも一緒に病院に行き
今後の検査の事について先生と話をしてもらいました。

年齢の事、最悪手術と言う事を考えた時、
やはり肝臓で名の知れた先生にお願いをする事になりました。

検査日その他はまだ未定だけど、取りあえず方向は決まりました。


20150209_120935.jpg

今日のお嬢。
元気です。




美味しくないの?嫌いなの?

お嬢の病気の件で、
母に励ましのコメント、
お嬢へお見舞いのコメントありがとうございました。

ドカーンと落ち込みましたが今は大丈夫です。
何がお嬢にとってベストなのかを考えて病気に立ち向かおうと思います。

その中できっと凹む事が何度となくあると思います。
その時はすみませんが励ましてやって下さい


今日のお嬢、元気です。
お散歩ではホンの数メートルだけどシャカシャカ歩いてくれました

002 - コピー

安静に。。。との言葉どおり1日のんびり過ごしております。



そんなお嬢ですが、

今朝、またまたご飯を残しました。
半分以上。


004 - コピー

ウソやろ~!?また具合悪くなったんか~、と思いました。


ところが母のパンには目を輝かせ

美味しそうだね、くれるよね、一人で全部食べないよね・・・と訴えかけてるように見えた。

で、一口口元に持っていくと

バクッ

指まで食べられるかと思った



これなら大丈夫じゃな! 
何でフードは食べないんじゃ?

お薬が入ってるので、残ったフードをどうにか食べさせないといけないので

一粒ずつ口元に持っていくと。。。食べる。

はぁ~~~~!?
どういう事

どころが・・・ヨーグルトが付いてるフードは食べない。

へっ!? なんで?



我が家のワンズの朝ご飯はとってもシンプル。

フードにヨーグルトをトッピング。
これだけ

お嬢はこれにお薬やサプリが入りますが。


なんで食べない?
なんでヨーグルト付は食べない

たしかにヨーグルトのメーカーは変わった。
でも昨日は食べたよね。
今までも何度も食べた事あるよね。

なんで?

で、牛乳で薄めてやったら食べた


ヨーグルト嫌いなの?
このメーカーの美味しくないの?


お友達のワンコはイ◯ンのPBのヨーグルトは食べないって言ってたな~。


母ちゃんはそんな贅沢な子に育てた覚えはないぞ!


そんなお嬢、
節分の日は鬼さんになりました

032_201502052227205d0.jpg



検査・辛い現実

月曜日、朝イチでお嬢の検査に行って来ました。

レントゲンとエコー検査。


結果から言いますと、


思ってた以上に厳しいものでした。
昨日は一日凹んでおりました。

レントゲンで気管の辺りからお腹全体を撮り、

エコー検査ではお腹周りを重点的に見てもらいました。

ふふふっ
お嬢なんでどちらの検査も母同行。

レントゲンで分かった事。
  胸の辺りのリンパと肝臓近くのリンパが腫れてる。
  加齢による背骨の変形。

エコー検査で分かった事。
  肝臓に腫瘍(7cm程)と思われるものがある。
  肝臓の近くに出血が見られる。

この腫瘍も多分悪い物の可能性が高く、組織を採って検査する必要がある、と。
悪い腫瘍でもいろいろ種類があるそうです。

そして、リンパが腫れてるのでもしかしたら全体に広がってる可能性もあるので
CT検査でさらに詳しく全体を見る必要がある、と。

お嬢の腫れてる肝臓。
肝臓全体の右側らしく、右側には細かい血管が絡みつくようになってるので
手術になったとしても難しいらしいです。


004 - コピー

今日のお嬢。
点滴と注射が効いたのか以前と変わらず元気。
食欲ありすぎるくらいです


貧血と血圧が下がったのはお腹の中で出血があったからだそうです。
月曜日の検査で貧血の数値は変わってなかったので出血は治まってるだろうと。
でも、いつまた出血するか分からないので安静にお散歩も控えめにと言われてしまいました。

003 - コピー

点滴の針も抜けました。
肝臓と抗生物質のお薬が増えました。


CT検査と細胞の組織検査は掛かりつけの病院では設備がないので違う病院ですることになります。

全身麻酔です。

年齢的な事はあまり心配ないが癲癇が怖いと。
麻酔から覚める時に発作が起こりやすくなるそうです。

治療方針を決める為には必要な検査です。


実はお嬢地方には肝臓では有名な先生がいます。
チョット遠いんですが。
今の病院が紹介してくれた病院は設備は整ってはいるもののあまり聞いた事なくて。
どうせなら名の知れた先生のもとで検査を受けたい方が良いのでは~~と悩み中なのです。


028 - コピー

お腹の毛、ジョリジョリされちゃいました。
ツルンツルンですよ


3月には14歳になるお嬢。
どうか、どうか無事何事もなくお誕生日を迎えれますように。。。


おまけ

009 - コピー

本日節分
お嬢の厄払いで、かぶりつき、無言で完食。
穴子苦手な母はサラダ巻なりよ~~。




お嬢、体調悪し

今朝、いつもの時間に起き、いつものようにお散歩に行き、

チッコとウンピを済ませ帰って来た。

ここまでは何も変わりなく普通だった。

家に入ってから なんだか動きが悪いな~と。
ボーっとして立ったまま。

ご飯も半分以上残した。

003 - コピー

この場所に腰を下ろしたままゴロンと寝る訳でもなくじっとしたまま。

声を掛けても無反応。

004 - コピー

寒いのかとブランケットを掛けても無反応。

抱っこで窓際のベットに寝かせてやっても何処か目がうつろ。

010 - コピー

坊っちゃんも心配なのか様子伺いに。


あきらかに変。
決定的だったのがオヤツも食べない、牛乳も飲まなかった事。

急いで掛かり付けの緊急へ連絡。

様子を説明すると

すぐに連れて来て下さい!、と。

血液検査と血圧、体温測定。

体温は平熱だが血圧が低いです、と。

すぐに点滴。

ホントは背中とかから入れるらしんだけど、
お嬢、膿があちこちに広がってるので腕から皮下点滴。

20150201_123840 - コピー

血液検査の結果、

貧血あり、肝臓の数値が異常に高い事が判明。

貧血31(正常値37~55)
GPT肝機能1507(正常値17~78)
ALP1050(正常値47~254)

てんかんの薬の影響で肝臓の数値は高めだったけどここまで高くなったのは初めて。

あきらかに肝臓に何か起こってると。
腫瘍性の物が出来てて出血してて貧血になってる

中毒性のもので肝臓が炎症を起こしてる
   朝散歩で何か口のしたとしてもすぐには数値は高くならないので
   口にしたとしたら昨日の夜だろう、と。

そして、体重が減ってきてるのも引っ掛かると。
年中ダイエットしてはいるんだけど・・・。

2か月に一度、ドリミンングの時に計ってもらってるけど、
毎回数百グラムづつ減ってきてた。
最初は喜んでたけど最近は気になってた。

点滴をしながら注射を5本もうたれた。

この点滴1時間半~2時間かかるもの。
普通は入院室でワンコ一人でして、飼い主さんはいったん帰るらしんだけど、

そこはお嬢だから

入院室みたいな冷たい檻の中になんか入る訳ない。
そして一人はもっとイヤ。
(必要以上に引っ付かれるのはイヤなくせに一人にはなれないツンデレさんなのです)
エアコンのきいた診察室で母と一緒ならお利口さんに出来るのです。

20150201_130309 - コピー

点滴が終わる頃にはチョット元気になった感じ。

目に力があるように思えるし、耳もピコ~ンと。


家に帰ったら 

ご飯!! と

うんうん、ご飯を食べてくれるって嬉しい。


ご飯は食べてくれたけど明日はレントゲンとエコー検査。
肝臓がどうなってるかの検査です。

そして、点滴も。

023 - コピー

お嬢の腕にはまだ針が入ったまま。

お嬢の肝臓、なんともありませんように・・・。
エコー検査の為にお腹の毛、剃られるそうです。
風邪ひくがなぁ~。。。



プロフィール

さんたクラブ

Author:さんたクラブ
ワンコ達とまったりな
アナログ生活を送ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR