親孝行と言うけれど。。。

さくらがいなくなって2週間が経ちました。

家の中にいても車に乗っていても静かすぎて。

なかなか慣れませんね。

言葉に出してさくらの事を話してると涙が出てきますが、
文字なら大丈夫かな、と思い少しだけさくらの事を。


亡くなる3日程前からてんかん発作のような痙攣が止まりませんでした。

軽いもので手、足がピクピクとなる程度だったのですが、薬を飲ませても座薬を入れても注射をしても
治まりませんでした。

そんなさくらに「おやすみ、また明日ね」と声を掛け休みました。

夜中、床ずれをしてはいけないので向きを変えてやろうと目を覚ました時にはもう息をしていませんでした。

さくらに触れた時、まだ温かかったんです。
でも、戻っては来てくれませんでした。

さくらが歩けなくなってからずっと側で寝ていたんです。
動けない事を良い事に今まで出来なかった添い寝をしてました。
なのに気がついてやれませんでした。


この事をお友達に話すと、
「良い子じゃん、親孝行だよ」
「母さんが寝るのを待ってたんよ。さくらちゃんらしいよ」
「寝てる母さんを起こしちゃいけないと思ったんよ、良い子じゃが」
「一番の親孝行だと思うよ」

みんながこう言ってくれます。

でも、私的には
なんて親不孝娘なんだと思います。
側で寝てたんだから起こしなさいよ、って。

なんの為に側で寝ていたのか・・・。
悔やまれてなりません。


さくらが亡くなって驚いた事。
それは、たっくさんのお花が届いたことです。
さくらは訓練もアジも何もしてない普通の家庭犬。
存在すら知ってもらえてなくて当たり前なのに。

一度にたくさん重なると大変だし、お花がなくなった時寂しいから少しずらしたよ、と言って届けてくれたお友達。


さくちゃん、あなたは母ちゃんの知らないところでみんなに愛されてたんだね。

002 - コピー



スポンサーサイト

ご報告

このブログを通してさくらの事を知って下さってる皆さまへ。


9月17日  午前2時半頃

さくら永眠しました。

14歳と182日。


昨日、秋晴れの清々しい風に乗って天に駆け上がって行きました。

久しぶりに見上げた空。

さくらの姿は見えませんでしたが、きっと軽くなった体で駆け上がって行ったと思います。


落ち着いたらさくらの事少しずつお話したいと思います。

さくらの事を応援してくれていた皆さま、ありがとうございました。


039 - コピー





プロフィール

さんたクラブ

Author:さんたクラブ
ワンコ達とまったりな
アナログ生活を送ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR