『おとなのおとこ』 

坊ちゃん早いものでもう4歳を過ぎました。

お嬢がまだまだ現役でがんばっている為いつまでたっても子供扱いをしてきました。
でも、世間でいえば4歳はもう立派な『おとな』ですよね。

少し前、ボーダー飼いの先輩に

  「アルバ君なんだか変わったね。一皮むけたんじゃない?」と。


う~~~~~ん?そうかなぁ??

確かに、なよっちんだけど1本スジが通ったような、我が出てきたような気はしていた。



坊ちゃん月に1度だけどトレーニングに通ってます。
家庭犬として、大雑把には問題はないのだがピンポイントを
指摘されるとまだまだ、全然出来てない。

そのうちの1つ脚側行進。

理想は飼い主の顔を見ながら楽しそうに軽やかに歩く。

ウチの坊ちゃん、全く顔見ない、面白くなさそう、ダラダラ歩き。

名前を呼んでも全く見ない。
やらされてる感が体中から出てるよう。

先日この事を先輩ボーダー飼いさんに言うと、

   「やらされてる感から義務感に変えてやらないと」と。


義務感に変える???

   「いつまでも子供扱いしないで『おとなのおとこ』として扱ってみたら」と。

確かに声掛け一つにしても、

お嬢には・・アルバをたのんだよ。しっかりお留守番しとってね。
坊ちゃんには・・さくら言う事よーーく聞いてお利口さんにしとってよ。

こんな感じだったね。
これではいつまでたっても坊ちゃんは『おとな』にはなれないか。

なよっちく見えても心は『おとなのおとこ』になってたんだね。

これからはお嬢のプライドを保ちながらアタシが坊ちゃんに頼ってみようかな。

どこまで『おとなのおとこ』になれるか楽しみ。


005 - コピー
かぁーしゃん、僕チンはもう立派な‘おとなのおとこ‘ですよ。。。BYアルバ


スポンサーサイト

2 Comments

ブラン母  

さくらちゃんの見解は?

アルバ君、4歳なんですね。かなり年の離れたさくらちゃんは
アルバ君のこと、どう思っているのかなぁ〜。
『まだまだアタシと張合おうなんて、10年早いよっ!』
なのか『もうそろそろ、しっかりしなさいよっ!』
なのか、さんたクラブさんはどっちだと思います?

2012/06/11 (Mon) 12:50 | EDIT | REPLY |   

さんたクラブ  

Re: さくらちゃんの見解は?

ブラン母様

さくら自身どう思ってるんでしょうね?
ただアルバが我が家に来た時から私達がさくらが一番、アルバは二番、
という扱いをしてきました。
良いことも悪いことも。
これは今でも変わってません。

でも目に見える力は若いだけにアルバの方が上、でも見えないところでの力関係は
さくらが上の様な気がします。
これはアルバもわかってるようです。

譲れるところは譲るが譲れないところは譲らない。
うざい!と思えば一括 ガウッ!と、してます。
なので私的には『まだまだ10年早い!』の方でしょうかね。

2012/06/11 (Mon) 23:59 | REPLY |   

Leave a comment