お嬢の肝臓 その⑥・・・決断と決意

お嬢の病気に関して内容が重い、とパパさんから指摘されてしまいました。

なので書こうかどうしようか迷ったのですが、
私の覚え書きのつもりで書くことにしました。

今回も重いです。
たぶん一番重いと思います。
なのでスルーしてもらってかまいません。



今日も朝から病院に行って来ました。

前回、「五分五分」と言われた手術についてどうするか、返事をしに行って来ました。



私達は外科的治療を選びませんでした。



言葉で、文字で「五分五分」はとても容易く聞こえますが、
内容はとても厳しいものだったからです。

腫瘍が右側で難しい位置にあること、膵臓に問題があること、年齢的なこと。
これらの事をひっくるめて考えリスクの大きい手術である事だったからです。

008 - コピー


悪い方の「五分」に当たればお嬢の笑顔は手術に送り出したのが最後で
見る事が出来ないからです。
これは術中死、入院中の死を意味します。

病院で、一人ぼっちで最後だけは避けたかったから。

003 - コピー

良い方の「五分」に当たればこれから先1年、2年と長生き出来るとは言われました。
(再発しなければ)

でも私達はすぐそばにある小さな幸せを選びました。

良い方の「五分」に掛ける勇気がありませんでした。

お嬢の命の期限を切ってしまったのかもしれません。

006 - コピー

抗がん剤も放射線治療もありません。
数種類の薬を飲みながら体調をコントロールするしかないようです。

余命的な事も言われました。

でも、余命なんて分かりません。
えっ!まだ生きとん? ってくらい頑張ってくれるかもしれないし。


ただ、残された時間をお嬢らしく、ウチの子らしく過ごして欲しいだけです。


私達の選択には賛否両論あると思います。
現に、「五分五分なのにしないの?」と言う人もいました。
でも、今は何だかスッキリしてます。
外科的治療をしないと決めた事に後悔はないです。
そしてお嬢の為に出来る限りの事をしてあげようと思います。

とっても重い話をしました。


そんな3月18日、
お嬢14歳の誕生日を迎えました

病院からの帰り、チョット寄り道しました。

020 - コピー
028 - コピー

かわいいでしょう~~~

お誕生日の様子はまた今度




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さくらちゃん、とっても可愛い笑顔ですね。
綺麗なお花の前で笑顔はわかるけど、採血あとでも笑顔のさくらちゃんに、クスッです。
さすが、さくらちゃんです。
そう、嫌いな病院も通いだから我慢できるんだもんね。
さっと行って、さっと帰る!これでなくっちゃネ。
だから今回の決断、私は正解だと思います。私が同じ立場でもそうしてます。
病院が好きなワンコは少ない、それどころか病院に行くことが大きなストレスになることが殆ど。ブランなんて病院の駐車場に着いた時点でハァハァでよだれタラタラ、挙動不審状態です(汗)
ただでさえ病気と闘っているさくらちゃんに、
精神的な負担は与えたくないですもんね。
さからちゃんにとって心休まる、落ち着ける場所(おうち)で
家族の傍にいるのが一番だと思います。

さくらちゃん、14歳のお誕生日おめでとう♪

そして、病院頑張ったね(^^)採血されて、なおかつ病院でその笑顔!
空太では考えられないです(笑)
アルバくんは車の中でおねえちゃんを待ってたんですね♪

いっぱいいっぱい悩んで、さくらちゃんのこと思っての決断。
私もいろんなこと考えたらブラン母さんと同じです。
さくらちゃんらしく、大好きなお家で、大好きな家族みんなで一緒に入れる時間。
これって大きな大きな幸せですよ!!
体調みながら今までどおりたっくさんお出かけやまったり(笑)してくださいね♪

もうすっかり春の景色ですね!
こちらはまだまだ春は遠いです・・・。。。
さくらちゃん、またお肉送るからね(笑)グルメになっちゃいましょ♪

パパさんにチェックされとんなあ~笑
でも書いておくと気持ちの整理になって良いと思います。私の場合ですが。

さくらちゃん誕生日じゃったんね!!!ご長寿じゃがー。
羨ましいですよ!きっと居心地いいんよ。
私も手術しないと思います。
しなくて余命伸びる人もいるのでね。
私は当事者じゃないし、ララのような短命犬(笑)飼い主なんで偉そうなこと言えないけど
手術よりも高級牛肉の方が薬になることだってあるもんね!
どっちにしろ一番身近にいるさくアルママぱぱさんが決めた方法が一番だと思いますよ!
安心して!
何があっても味方になりますんで!!!役には立たないけど 笑

まずはさくらちゃん14歳のお誕生日おめでとうございます♪
今年も一年さくらちゃんに幸せなことがたくさんありますように。

さくらちゃんがさくらちゃんらしく居られるのは
家族と一緒に居られるからだと思います。
辛い決断だったと思いますがお家で家族と、が一番の薬です。
私も手術だったらしなかったと思います。
最後はお家で、と願ってそぉには私の願いをかなえてもらえました。
色々後悔はありますがそこだけは満足かな。

ずっと読み逃げばかりしていてすみませんでした。
そぉの事では色々お気遣いありがとうございました。
今週、来週は競技会ですね。
今回は無理でしたが次回ドラハは参戦しようかな~と思ってます。
さくらちゃん、アルバ君に会えるのを楽しみにしています。

パパさん厳しいなぁ。大事な大事な家族が病気なんですもん、そりゃブログだって重くなりますよ〜。

手術しないという選択。
たぶん手術したってしなくたって、いつか来るお別れの時にはあの選択で良かったのかな〜なんてついつい思っちゃうんですよ。
ウチはまだまだ若くて元気だったことと、そのままでは呼吸ができなくなりそうだったので手術に踏み切り、あとは流れでありとあらゆる治療をしました。
後悔はないものの、あそこまでやるべきだったのか?と思ったことは1度や2度ではありません。

私も一番怖れていたのは、1人で最期を迎えさせること。
私の腕の中で…とまでは言いませんが、慣れ親しんだ家で家族の気配のあるところで苦しまずに最期を迎えて欲しい。最終的に残った願いはそれだけでした。
だから、最後の何回かの入院は不安で不安で仕方なかったです。
幸運にも見事に家族全員が見守る中、逝きましたけどね、ナラは(^^;;

誤解を恐れずに言っちゃうと、ワンコの治療って最終的には飼い主の自己満足で良いと思うんですよね。パパさんママさんが穏やかな気持ちで居られれば、さくちゃんもきっと幸せです♪

さくらちゃん、お誕生日おめでとう♪
14歳の1年も、さくらちゃんの笑顔いっぱいで過ごせますように。。

きっと・・私も同じ決断をすると思います・・
若くて、外科的手術でも これさえなくなれば 今まで通りの生活が期待できるって場合なら踏み切るだろうけど。。
ルークも、11歳になり いずれは何かしら出るでしょう。。
リスクをおって治るか・治らないかより
取り除けないけど少しでも痛みが少なく平穏に家族と一緒に暮らせるような治療法に

春を感じる綺麗な、お花の前での笑顔の さくらちゃん可愛いよ~(#^^#)
もうじき、桜咲くね~♪お花見楽しみだねっ(^O^)

Re: タイトルなし

ブラン母様

トビっきりの笑顔でしょう(*^_^*)
ここの病院は体重と体温を計る以外は診察室の奥に連れて行かれ、
飼い主の私達とは離れ離れになるんです。
だから奥でどんな風に採血され、エコー検査されてるのか分からないんです。
さくら的に「頑張ったよ!一人でもちゃんと出来たよ」の自信の笑顔なのかもしれませんね(笑)

今回の私達の決断。
間違ってなかったんだと最後に胸を張って言えるようにしたいと思ってます。
いちるの望みを掛けて。。。そんな思いがカスッたのも事実です。
(パパさんは分かんないですが)
でも、手の届く今の幸せを取りました。
ブラン母さんに正解と言ってもらえて良かった。

最近では珍しく、帰ろう~!の吠えがありました。
掛かりつけの病院ではほとんど吠えた事がないのに、
今度の病院では要求吠えが出てしまいました。
あ~~嫌なんだな~と。
嫌な病院で私達と離れ、手術をし入院もしてたら良くなるものも悪くなりそうですよね。
さくららしく、ウチの子らしくで最後を迎えてもらいたい。
私達の出した答えです。

Re: タイトルなし

かな様

さくらにおめでとうをありがとうです(^^)
無事に14歳になりましたよ。

さくら良い笑顔でしょう。
あの子には笑顔が似合います^m^
今度の病院は飼い主の側で採血とかをしてくれないんです。
診察室の奥に連れて行かれてどんな風にされてるのか分からないんです。
一人になれないさくらが頑張って採血出来たという自信の笑顔じゃないのかと
思うのですよ。

今のさくらを見てると何処に病気があるんだろう~ってくらい元気です。
そんな元気なさくらに一か八かの手術なんてさせられませんでした。
もしかしたら、ひょっとしたら上手くいって。。。こんな事が頭をよぎりました。
来年も再来年も誕生日を祝ってやれるんじゃないだろかと。
でも勇気がなく手の届く幸せを選びました。
この家で、アルバっちょや私達のいる側で最後を迎えさせてやりたいと思いました。
いつかは逝ってしまうんだから。
それなら病院でなくこの家で、ってね。
今のさくらを見てるとそんな日が来る事は想像もつかないけど、
この残された時間が覚悟を決める時間だと思うようにしました。
体調をみながら出かけて行きますよ(^^)v
だってウチの子ですもん。

来週はまた寒くなるらしいけど、このところ朝晩の散歩にベンチコートはいらなくなりました。
この私がですよ(爆)
あっ!来週はいるかな(^^ゞ
菜の花はもう終わりに近かったですよ。

誕生日の夜ご飯のラム肉をトッピングしてやりました。
ふふふっ^m^
喜んで食べました~。
でも。。。カリカリフードは残した(T_T)


Re: タイトルなし

ララ母様

そ~なんよ。
見とるんよ。
たま~にチェック入るんよ(笑)

そうじゃな~、14歳はご長寿じゃわな~。
コッチでは15歳まで頑張ったら市が祝ってくれるんよ。
じゃから頑張って欲しんじゃけどな。。。こればっかりはな。

今回の私達の選択が良かったのかどうかは分かんないけど、
今頑張ってるさくらの命を終わらせたくなかったんです。
もしかしたらもっと、もっと長生き出来たかもしれなかったけど、
勇気がなかった。
ララちゃんはある意味ララちゃんらしかったんかもよ(笑)
だからさくらにもさくららしくいて欲しいんよ、最後まで。
あ~ウチの子は高級牛肉の方が薬になる子じゃわぁ。
お見舞いに持って来てぇ~~~~(笑)
さくらが元気なうちにお泊りBBQ出来るといいなぁ。

十分役に立ってくれてるよ。
こうして話を聞いてくれるだけでもいいんよ。
ありがとうね。
またさくらの顔見てやってね。

Re: タイトルなし

izm 様

さくらにおめでとうを、ありがとうございます。
何とか14歳を迎える事が出来ました。
さくらって誕生日近い時に何かしら事が起こるのですよ。
4歳11か月の時にてんかん発作を起こし、10歳の誕生日の日に靭帯の手術をし、
今回も13歳11か月で肝臓に問題が見つかったりと。

今元気なさくらを目の前にして五分五分の手術をさせる勇気はありませんでした。
病院で最後なんて考えられないですもんね。
もしかしたら。。なんてのも頭をよぎりました。
でも元気なさくらに戻る保証はないですからね。
ご飯もたべない、歩く事もままならないさくらはさくらじゃないですから。
これからどれくらいの時間が残されてるのか分かりませんが、
残された時間が私達の覚悟を決める時間なんです。
衰えていくさくらを見るのは辛いですが、受け止めていかなければと思っています。
それまではさくららしく、ウチの子らしく過ごさせてやります。

さくらの体調を見ながらですが、競技会も出来る限り連れて行こうと思っています。
次回ドラハでお会いできるのを楽しみにしています。

読み逃げなんて気にしないで下さい。
文字を書く事ってエネルギーいることですから。
そぉちゃんの事、みなさんのように上手な言葉が見つからなくて、
こちらこそ読み逃げしていました。
忘れられることではないです。
いつか笑って思い出話が出来る日が来たらボーダーあるある話でもしましょうね。

Re: タイトルなし

でこぽん様

見てるんですよ~。
で、時々チェックが入るんですよ。
可愛いさくらの病気の事だもん軽くは書けないですよね。

そうなんです。
もう14歳なんだから、と言う気持ちもあったのは事実なんです。
病気にならなくてもそう長くは生きれないよな~と。
なら、今元気なさくらの命を絶つことは出来ないと思って外科的治療はしない事にしたんです。
それに病院で最後だけはしたくなくて。
最後はこの家で。
アルバっちょや私達がいる時にが願いなんだけど、さくらのことだからみんなが寝てる時にコッソリ
逝ってしまいそうな気がしないでもないんだけど(^^ゞ

確かに今、手術しないと決めた事に後悔はないです。
これがさくらが弱っていく姿を見た時に後悔がないかどうか自信はないですが。
命は繋いでやれてもワンコらしい生活が送れなければこれも後悔するだろいし。
いろんな事を考えてると何が正しくて何が間違ってるのか分からなくなってきますね。
残された時間がどれだけあるのか分からないけど、私達が覚悟を決める時間なんだなとも思ってます。

うんうん、自己満足してないと後悔してる事になるもんね。
きっと私達が選択した事をさくらも分かってくれると思います。
14年も一緒に暮らしてるんだから。
生きてるうちにアルバっちょのCR見せてやりたいわぁ~(笑)


Re: タイトルなし

ルーク・ライズ  ママ様

さくらにおめでとうを、ありがとうございます。
もう14歳ですよ。
早いですね~。
どんな14歳を過ごすのでしょうね・・。

そう、手術すれば今のさくらのように元気になる。
必ず笑って家に帰って来られるって分かってれば手術しようと思ったと思うんです。
でもそうじゃない時の事を考えると勇気が出ませんでした。
今の幸せの方が大事だと思ったんです。
この家でアルバっちょや私達と過ごす方がさくらには薬になると。
私達のエゴかもしれませんが。

ルーク君ももう11歳ですか?
さくら姉さんに言わせれば、まだまだヒヨッ子って言うでしょうね(笑)

もうじき春ですね。
お外が快適季節ですよ。
さくらが元気なうちはどんどん遊びに行きますよ。
桜見に行かないとね。
年間行事の一つですから(^^)
main_line
main_line
プロフィール

さんたクラブ

Author:さんたクラブ
ワンコ達とまったりな
アナログ生活を送ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR