アジ練 

坊ちゃん土曜日は久々のアジ練でした。

約2か月ぶり。

今年の夏は暑すぎたのか、はたまたアタシの体力が無くなったのか

早朝もナイターもほとんど練習出来なかった。

夏中ダラダラ散歩しかしてこなかったのでちょっと走っただけで息切れ

その前にコース組むだけで疲れる有り様。

でも坊ちゃんは久々に走れて嬉しそうでした

120915_084735.jpg
                              お友達ワンコを見てお勉強中


この日、先月ワンコを亡くされたワン友さんが遊びに来てくれました。

10歳と15日。

誰もが耳を疑いました。

飼い主さんの手を煩わす事もなくあっという間だったそうです。

今年の5月にはラストランということで坊ちゃんと競技会にも参加し

亡くなる5日前には一緒に遊んで元気そのものだったのに・・。

ワン友さんが言われました。
~あっという間に行ってしまったけど、あの子らしい。そんな行き方をするんじゃぁないかと
 思ってた。後悔はない。生きてる時にしてあげれる事はしてあげた。~ と。

アタシはお嬢がいなくなった時にそう思えるだろうか。

120915_085209.jpg あたしはね、もう少しオヤツとご飯を食べてからにするわ








スポンサーサイト

4 Comments

ブラン母  

うんうん

そうだね、さくらちゃん、目一杯おいしいもの食べて、目一杯遊んでから、それからゆっくり考えてからにしてね。
ブランにもそう言っとくから。だから突然いくのだけはやめてね。
母は往生際がとても悪いから、理解するのにすごく時間がかかるから、母のわがままを、どうか聞いてちょうだいね。

一緒に遊んでいた子の訃報を聞くのは辛いですね。
お友達のワンコは最期までイイ子でいたかったんでしょうかね。
飼い主さん、お辛いですね。でも、潔く逝ったその子の為にも
強く前を向かれているんでしょうね。
私もそう思えるようにもっと強くならなくちゃ!

2012/09/18 (Tue) 12:36 | EDIT | REPLY |   

でこぽん★  

まあ心配しなくても、さくらちゃんのようなタイプは「もうだめだ~」ってフリしながら、長く生きるもんです。

人それぞれ考え方はあると思いますが、抵抗できない病気に日々蝕まれて行く愛犬の姿を見ている者(まあ最近は小康状態ですが)としては、10歳は早過ぎる!とは思うものの、亡くなりかたとしては理想的やったと思います。置いてかれたほうは、到底そうは思えないでしょうけど。ホント親孝行やわ。

2012/09/19 (Wed) 00:25 | EDIT | REPLY |   

さんたクラブ  

Re: うんうん

ブラン母様
身近にいたワンコの訃報は悲しいです、辛いです。
元気だっただけになおさらです。

さくらを見ているとだんだん体力がなくなってきてるのがよくわかります。
アルバがいるので余計に感じてしまいます。
私もブラン母様と一緒で往生際が悪い方です。
どんな形でもいいからこの世にいて欲しいと思います。
でも、最近思うんです。
寝たきりになって苦しい思いをしながら長生きするのと
あっさりとこの世からさよならするのと、どちらがさくらには幸せなんだろうかと。

先輩ワン友さんに言われた事があります。
「どんな逝き方をしてもそれはワンコが望んだ逝き方。家族に見守られながら逝く子もいれば、
家族の事を思って一人でそっと逝く子もいる。」と。
どんな状況でさくらがいなくなってもいいように
「後悔がない」と言えるように毎日を送ろうと思います。

2012/09/19 (Wed) 07:50 | REPLY |   

さんたクラブ  

Re: タイトルなし

でこぽん★様
やっぱりさくらってそんな感じじゃろか。
細く長く生きるタイプなんかな(^^)
確かに病気になって痩せ細って衰えていく姿を見るのは辛い。
出来る事なら今の状態のままさよならして欲しいとは思うんよね。

さくらって、誰もいない時にこっそり逝ってしまいそうな気がするんよね。
側でワァーワァー言われるのウザイって言う感じで。

2012/09/19 (Wed) 08:16 | REPLY |   

Leave a comment